石垣吉田石垣吉田

こだわり

scroll
ご予約はこちら

【 新時代の鉄板焼 】

"香り・温度・調和"を大切に
食材の魅力を最大限に引き出します。

"世界一美味しいステーキ" をコンセプトに2013年開業、20年以上鉄板焼の経験を持つオーナーシェフ吉田純一は日本鉄板焼協会の理事も務め、協会発足時より認定師範として鉄板焼業界の発展に努めている。

『石垣吉田』ではジャンルに囚われることなく、オープンキッチンと鉄板、炭火を用いて素材ごとに最良な調理法で仕上げます。

01

石垣島きたうち牧場プレミアムビーフ

< 美味しさの遺伝子 〜赤身肉の深い味わいと、融点の低い上質な脂〜 >
和牛のルーツである但馬系の血統を引き継いだ雌牛(メス)だけを飼育。但馬牛の特徴は、赤身肉の深い味わいと融点の低い上質な脂、焼いたときに広がる甘く力強い香りと余韻。

< 長期肥育 〜毎日食べたくなる凝縮した旨味と、もたれない肉質〜 >
出荷月齢は43ヶ月を目標に、36ヶ月〜40ヶ月以上と、一般的な黒毛和牛の平均(28ヶ月)に比べ1年程長く肥育。時間をかけて育てることで脂の融点が下がり、蓄積されるアミノ酸が増加していくため、凝縮した旨味を感じられる "もたれない肉質" になります。

< こだわりのエサ 〜非遺伝子組み換え飼料で育てる一貫生産〜 >
繁殖から肥育まで一貫して非遺伝子組み換え飼料を与え育てる牧場は、現在のところ "石垣島きたうち牧場" のみ。日照時間が長い石垣島は年に5〜6回も草を獲ることができるため、自社で約3万坪ほどの採草地と水田を管理し粗飼料のほぼ100%を自給している。

02

スペシャリティ"究極のクリスピー焼き"

ゆっくりと時間をかけた低温調理と高温の紀州備長炭で仕上げる厚切りのステーキは、肉汁を極限まで留め、肉の旨味を最大限まで引き出します。
繊維がほどけるような独特の食感と芳ばしい香り、旨味の余韻をお楽しみいただける特別なステーキです。